東京都 立川市 常楽院編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.510

 
東京都 立川市 常楽院

日付
2017年7月17日(月)
旅先
東京都 立川市
会場
常楽院
著者
志茂田景樹 隊長

 
 
講話「父と母が僕に遺したもの」

   常楽院お施餓鬼記念講話を聞きにこられる方々は
多くはご高齢です。
夏場なので体力的にこられない人も代わりにご子息や、
お嬢様を参加させるケースも少なくありません。
といっても、40代50代が中心ということになりますが、
そのジュニア世代も含めて今回のテーマは心に響くものであったようです。
僕の父は健在なら118歳、母は同じく117歳になりますが、
その世代の末っ子である僕の心に父母が遺してくれたものは
40代50代にとっては歴史の一端に生で触れたような感触があったのかもしれません。


東京都 立川市 常楽院


   講話を終えてカラオケの設備もある庫裏の一室で
寛がせていただきました。
壁際に東南アジアの某国の土中から発見された仏像とツーショットです。


東京都 立川市 常楽院

 

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.