埼玉県 川越市 NHK文化センター川越教室 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.454

 
埼玉県 川越市 NHK文化センター川越教室 編

日付
2016年7月16日(土)
旅先
埼玉県 川越市
会場
NHK文化センター川越教室
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

NHKカルチャー「きっと大丈夫 人生、今が出発点」

7月16日(土)13:30〜15:00 NHK文化センター 川越教室

   皆さんそれぞれがお持ちの素晴らしい思い出を、
機会をとらえ1人でも多くの人ににどんどん伝えてほしいとお願いしました。
素晴らしい思い出を伝えるとき、
人はみんな目を輝かせ活き活きとした表情になります。
聞いている人は伝える人が意識していないメッセージを受け取ります。
それがすばらしいことなのです。
僕は終戦の年の8月に20歳で戦死した15歳年長だった兄の思い出を語りました。
兄は廊下の窓ガラスに指でカタカナを書いて僕に教えてくれました。
何日か経ってひらがなに入り、それをすべて教えきれないうちに
兵隊に行きました。
カタカナで兄に手紙を書きました。
固有名詞以外はカタカナの返事がきました。
たった1通の兄からのハガキの手紙は、
今も僕の背中を押してくれます。


埼玉県 川越市 NHK文化センター川越教室 編

終わってサイン会と撮影会になりました。
受講生の中に女子高生時代、僕のテレビを見続けてくれた方がいました。
今は女医さんとしてあやクリニックを経営されています。
川越教室が入っているビルの別の階にあやクリニックさんがあるので
ほんの短時間立ち寄りました。
川越から虫歯をなくしてくださいね。


埼玉県 川越市 NHK文化センター川越教室 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.