岐阜県 山県市 大桜保育園 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.426

 
岐阜県 山県市 大桜保育園 編

日付
2015年12月18日(金)
旅先
岐阜県 山県市
会場
大桜保育園
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

 「読み聞かせ&コンサート」

   午後からは隣接地区にある大桜保育園での読み聞かせです。1泊2日で3箇所はハードですね、と地元の人に言われましたが、「よい子に読み聞かせ隊」がもっとも熱を帯びて活動していた時期は、2001年から2005年にかけてのことでしたが、2泊3日で7箇所をこなしたことがあります。1年で200箇所で行ったことがあります。その時期は全国的に読み聞かせが浸透していった時期でもあります。
今回一緒に行動している永井由比さんは「よい子に読み聞かせ隊」の草創期を知る数少ないメンバーです。当時は現役の音大生でした。
現在は母校桐朋芸術短期大学音楽家の講師をする傍ら、フルーティストとして海外公演を含め活発に公演活動を行っています。
写真で彼の「よい子の読み聞かせ隊」における子供たちとのふれあいの様子を見てみましょう。


岐阜県 山県市 大桜保育園 編


   子供の誰かとことばのやりとりをしています。フルートという楽器について解りやすく説明しているのでしょうか。
フルートの値段を訊かれたのかもしれません。ちなみに、今、彼が大事に携帯しているゴールドのフルートは◯◯◯万円です。
それは余談、永井さんは子供の間を自在に移動しながら演奏します。その移動に従い子供たちの視線も移動します。子供たちは奏者の表情や、吹くときの頬の変化を見ながらフルートの音色を理解していきます。


岐阜県 山県市 大桜保育園 編


   さて、僕は読み聞かせの多くを手振り身振りをまじえながら語るという僕独特のスタイルでやっています。
この写真の僕は後ろのスクリーンに絵が写っていませんし、演奏を挿入してくれる音楽メンバーも椅子にかけてくつろいでいるので何かトークを行っているのでしょう。
何のトークをしたのかは覚えていません、何しろ、この原稿は3ヶ月以上も経過してから書いており、日記や、メモをつける習慣もないので思い出せません。
この旅日記も後1週間ほどでリアルタイムのものになるので、迂闊な部分はお許し下さいませm(_ _)m


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.