埼玉県 文京学院大学ふじみ野キャンパス 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.91
 


日付 2007年6月27(水)

旅先 埼玉県ふじみ野市
会場 文京学院大学ふじみ野キャンパス 編

著者 下田光子(マネージャー)

文京学院大学ふじみ野キャンパス 編
【文京学院大学ふじみ野キャンパス 編】
  池袋より東武東上線に揺られてふじみ野駅へ到着し、スクールバスのお迎えで(学生に帰ったみたい)文京学院大学ふじみ野キャンパスにやってきました。
今日は講演会です。大学生の方々に「直木賞への道」と題して、隊長が若い頃職を転々と変え自分が何をしたいか、迷い模索している中、文章を書く方へ進んでいったいきさつをお話いたしました。
必ず求め続ければ自分のやりたいピッタリとしたものに出会うこと、早い人もいるし、遅い人もいる。あきらめず進んで行ってほしいと話しました。
隊長は職を40種と変えライターから小説家となり、流行作家にもなり又タレントとしても活動していたのですが、虚しさを覚え読み聞かせに出合って感動を与え、感動をいただくものと出合った事を隊長は学生さん達に話しました。
その後、音楽ナシの読み聞かせを行いましたが、学生さん達は感動されて涙を流されている方もいらっしゃいました。
サイン会では、「本当によかったです」と隊長に声をかけてくださり、嬉しそうに本にサインを書いておられるのを待っておりました。
帰りはお迎えの時のスクールバスで学生さん達と一緒にふじみ野駅まで揺られてきました。
文京学院大学ふじみ野キャンパス 編
【文京学院大学ふじみ野キャンパス 編】
文京学院大学ふじみ野キャンパス 編
【文京学院大学ふじみ野キャンパス 編】
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.