山口県 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.47
 

日付 2005年10月8日(土)

旅先 山口県 編

著者 マネージャー 下田光子
山口青年会議所@
【山口青年会議所@】
 世界一大きな絵本が新山口市ででき上がりました。作ったのは地元の幼稚園、保育園の子供達や、お父さんお母さん達、総勢五百名です。十月八日は、その大きな絵本を使っての読み聞かせでした。縦3.6m、横5.4mのすばらしい絵が十枚。「ぞうのこどもがみたゆめ」を子供達が力をこめて描いてくれました。いつものスライドと違って、自分達が作った絵本での読み聞かせは、一層楽しいものになりました。制作の様子も映像で流れ、一人一人が心を合わせて組み立てていく姿は感動モノです。でき上がった時の大歓声が会場にもきこえてきそうでした。
  この大きな絵本で読み聞かせを、と考えたあるお父さんが、志茂田隊長の絵本の読み聞かせに感動し、是非山口の子供達にきかせたいというのがはじまりでした。音楽も地元の有志の方々が演奏して下さり、全て町の人たちの手づくりです。二回の公演でたくさんの方々に楽しんでいただけたことは、私達にとっても大きな喜びでした。一人のお父さんが感激して、涙を流していた姿が印象的でした。新山口市での秋の一日、集まった人々皆が幸せにひたった一時です。
山口青年会議所@A
【山口青年会議所A】
山口青年会議所@B
【山口青年会議所B】

全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.