東京都 立川市 立飛みどり地区たまらんパーク 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.448

 
東京都 立川市 立飛みどり地区たまらんパーク 編

日付
2016年5月29日(日)
旅先
東京都 立川市
会場
立飛みどり地区たまらんパーク
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

JC東京ブロック大会 立川大会「TOKYOまちフェスタ・トークイベント」

トークショー  12:55〜13:15 立飛みどり地区たまらんパーク特設ステージ
サイン会    13:00〜      たまらんパーク 立川文学賞 ブース

とにかく、真夏のように暑い日でした。
会場のたまらんパークへ至るサンサンロードには、
飲食関係その他の様々なブースが出ていました。
思わず足を止めさせられたのは自衛隊の体験コーナーで、
ヘリや、装甲車、オートバイが展示されていました。
ヘリや、オートバイには展示の状態で体験乗車ができるので、
家族連れが子供を乗せようと順番を待っていました。
女性自衛官に、どうぞ、と勧められましたが、
周りに乗りたそうにしている子供たちが何人もいたので断り、
急いで会場へ向かいました。
特設ステージの楽屋はテントです。
扇風機が回っていましたが、ムンムンと熱気を吹きつけられているようでした。
ステージに上がると、炎天下の客席で観客の方々が暑そうに待っていてくれました。
立川JCのメンバーの司会進行で、僕と、立川でクリエイティブな活動を多角的に行っている舞台演出家の倉迫康史さんとのトークショー形式で、
市民参加の映像作品に託す思いなどを語りあいました。
屋根のあるステージでさえ蒸してジトジト汗ばんできました。
青天井の客席はたまらん暑さのようです。
「皆さん、熱中症にかからないよう水分を充分補給してくださいね」
自然に出た言葉です。


東京都 立川市 立飛みどり地区たまらんパーク 編

トークイベント終了後、立川文学賞ブースに移り、
立川文学賞入選作品集のサイン会を行いました。
僕は立川文学賞の選考委員長を務めており、
毎年出る入選作品集に選評を執筆しています。
自著作品ではないのに多くの方々が購入してくれました。
デイリーニュース多摩の女性アナウンサーからインタビューを受けた後、
所望されてのツーショットは、暑中涼あり、の一瞬でした。
いや、暑中熱あり、でよけい汗が噴き出ました。
TOKYOまちフェスタの暑さをパッと払いのける熱気に、
立川のたくましい生命力を感じました。


東京都 立川市 立飛みどり地区たまらんパーク 編

東京都 立川市 立飛みどり地区たまらんパーク 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.