宮城県 気仙沼市 気仙沼市立 大島小学校体育館 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.432

 
宮城県 気仙沼市 気仙沼市立 大島小学校体育館 編

日付
2016年2月14日(日)
旅先
宮城県 気仙沼市
会場
気仙沼市立 大島小学校体育館
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

「水上不二と雑誌【少年】と僕」水上不二研究会

   前日の13日に大島入りしました。
2012年2月以来2年ぶりの再訪になりました。
前回は島のお話の会「いわしの会」から慰問にきてほしいという以来で訪れました。
訪れる前、気仙沼大島という島の存在を初めて知ったほどで予備知識を得るため、ネットで調べて大変驚いたことがありました。
この島を「海はいのちのみなもと 波はいのちのかがやき 大島よ永遠にみどりの真珠であれ」
と称える詩を作った詩人がいました。
その詩人の名が水上不二と知ったとき、僕は独り叫んでいました。
小学6年時、僕は光文社刊の雑誌「少年」を購読していました。
真っ先に読むのはコラム枠で同じ詩人によって連載されていた詩で、海がテーマのものが多かったと記憶しています。
うろ覚えですが、海に一気に潜る島の少年を描いた詩は、当時、虚弱体質で耳の病気もあって水泳を禁止されていた僕の心を揺さぶりました。連載詩の作者は水上不二という詩人でした。
その春、僕らのクラスに水上K子ちゃんという物静かな子が転校生として入ってきました。   
2,3ヶ月も経って、担任の先生が「K子ちゃんのお父さんて、ものを書いてる人だよね」と訊いたとき、僕の頭を第六感が突き抜けました。
(お父さんは水上不二ではないか!)
翌日、「少年」の最新刊を持って登校しコラムの詩のページを広げて、
「これ、K子ちゃんのお父さんだよね」と言いながら見せると、K子ちゃんは黙ってうなずきました。
その水上不二が生まれ育った島へ慰問に行くことに不思議な縁を感じました。
小学校他2箇所で読み聞かせを行い島の老若男女の方々と交流できて再会を約しました。
水上不二関係の資料にも目を通す機会を得ましたが、慌ただしい1泊の旅でしたので充分に調べることができず、この詩だ、と特定できる作品には巡り会えませんでした。
今回は水上不二研究会の招きでしたが、僕とマネージャーでもある妻を東北新幹線の盛岡駅から島の宿舎の民宿まで「いわしの会」の主催者が車で送り届けてくれました。


宮城県 気仙沼市 気仙沼市立 大島小学校体育館 編


   翌日、水上不二の母校 大島小学校体育館で第11回水上不二作品作画コンクールの表彰式が行われました。
このコンクールは水上不二が遺した詩作品にイメージで絵をつけるコンクールで、僕はこれの記念講演の講師として招かれました。
第11回の今回は水上不二生家の小学生水上雄介君が大賞に選ばれました。


宮城県 気仙沼市 気仙沼市立 大島小学校体育館 編


   表彰式の後、講演を行いました。
実は前夜、水上不二研究会の方々の協力で僕が探し求めていた詩が「海の少年」であることが特定できました。
その一節を紹介します。


いっきに二十五メートル/もぐっていったあの元気/
うにをつかんでにっこりと/わらって波にういていた

この詩の朗読をはさみながら演題そのままのテーマで行った講演は、お陰さまで評判がよくうれしかったですね。
ちなみに、島育ちにしては水上不二も病弱だったらしく、僕と同じようにこの少年のたくましさに憧れを抱いた心の内がよく伝わってきます。


宮城県 気仙沼市 気仙沼市立 大島小学校体育館 編


   講演会後、アスナロウの植樹祭が催されました。
宿舎に戻る前、水上不二の生家を訪れ、生家の方々に厚いもてなしを受けました。


宮城県 気仙沼市 気仙沼市立 大島小学校体育館 編


   生家敷地内の道に水上不二の碑が建っていました。
碑とツーショットしながら、水上不二の詩に元気をもらった時代が鮮やかに浮かびあがりました。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.