長野県 木曽郡 長野県立木曽病院玄関ホール 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.400

 
長野県 木曽郡 長野県立木曽病院玄関ホール  編

日付
2015年9月10日(木)
旅先
長野県 木曽郡
会場
長野県立木曽病院玄関ホール
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

   木曽福島駅へ降り立ったのは、29歳保険調査員のときでしたから、46,7年ぶりということになります。
島崎藤村の「夜明け前」の舞台ということで、ここを皇女和宮の行列が延々と通ったのだな、と胸を躍らせて木曽宿を歩いたものです。
迎えの車で木曽宿を走りましたが、地形は変わらずとも建物が大分変わっているようで、当時より宿場の趣きは薄くなっていると感じました。

 

長野県 木曽郡 長野県立木曽病院玄関ホール  編


   会場の木曽病院の玄関ホールは老若男女の大勢の人で埋めつくされました。入院患者の方々もいました。
ベッドに横になったままの人も介護士さんに守られて待っていてくれました。
和楽器オーケストラのむつのをさんの公演のなかでのコラポでしたが、むつのをの方々との共演は開始以来約10年になりますので、大変心地よく読み語らせて頂きました。
「ぞうのこどもがみたゆめ」「ひかりの二じゅうまる」を十七絃、琴、尺八の音色に乗せて玄関ホールいっぱいに物語をふくらませることができました。
ベッドに横になって参加した身障者の方と握手しましたが、読み聞かせをとても喜んでくれたのが心に残りました。
サイン会も無事終了し、日帰りでしたので慌ただしく帰途につきました。

 

長野県 木曽郡 長野県立木曽病院玄関ホール  編


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.