長崎 五島列島 小値賀町 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.38
 

日付 2005年3月27日(日曜日)

旅先 長崎 五島列島 小値賀町 編

著者

マネージャー 下田光子
長崎五島列島 小値賀町編 読み聞かせ旅日記
『長崎五島列島 小値賀町編』
 地震の被害はどうかと心配しながら出かけた今回の長崎五島の小値賀町でしたが、そんな心配も無用のことでした。美しい海、島は守られ、人々の心も豊かでした。
  3月27日の早朝、野崎島に到着しました。当日は「国際音楽祭」が開催されており、私達もその催しに招かれたのです。
  この美しい島の一角に野首天主堂があります。かつて隠れキリシタン達が幕府の目をのがれ、ひっそりとその信仰を守ったところです。折りしもちょうどイースターの日でした。キリストの復活を祝うその日に、この小さな天主堂でコンサートが開かれるなんて、すてきですね。
  命を懸けて自分達の信ずるものを守り続けたキリシタン達の生き方に思いを馳せつつ、次の日は船で小値賀町に入りました。小高い丘の上の小さな阿弥陀寺での読み聞かせです。住職さん始め、子供達もたくさん来てくださり、一時絵本の世界にひたりました。
長崎五島列島 小値賀町編 読み聞かせ旅日記
『長崎五島列島 小値賀町編』

 この音楽祭は今年で四回目ということですが、世界中からバイオリン、オーボエ、ビオラ、チェロなどの演奏家を招き、毎年開かれているそうです。小値賀町の人達の文化への関心の高さ、心の豊かさは、きっと次の世代の子供達に引き継がれて、やがては、ここから世界に向けて文化の発信がなされていくと期待しています。
  読み聞かせ隊のメンバーは、ピアノ:有馬史朗、バイオリン:山内達哉、ギター:斉藤いぶき、そして志茂田隊長でした。久しぶりに大勢のメンバーが揃って参加出来、私達も心楽しく読み聞かせが出来ました。明日は博多に入ります。

長崎五島列島 小値賀町編 読み聞かせ旅日記
『長崎五島列島 小値賀町編』
 
長崎五島列島 小値賀町編 読み聞かせ旅日記
『長崎五島列島 小値賀町編』

全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.