鹿児島県 鹿児島市 マリンパレスかごしま 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.378

 
鹿児島県 鹿児島市 マリンパレスかごしま 編

日付
2015年3月6日(金)
旅先
鹿児島県 鹿児島市
会場
マリンパレスかごしま
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

青ラルジュSAKURA会
新規事業説明会記念講演
「どうしたら諦めないですむか」


    タクシーで空港から鹿児島市内に入ったか入らない頃、ボーンと底響く音が伝わってきました。「桜島の爆発かな」独り言のようにつぶやくと、運転手さんが、「今日はこれで5回目か6回目だったかな」と、応じてくれました。鹿児島へは10数回きており、そのうちの半数は鹿児島市でした。今回は桜島の火山活動が活発な時期の訪問になりましたが、もう10年も前でしょうか、やはり、講演で鹿児島市を訪れ、講演終了後、城山国際ホテルに泊まりました。部屋のベランダからは桜島が一望できます。夜に入って間もなくのこと、ドーンと濁った音がして火口の辺りが一瞬赤い閃光に染まりました。直後に夜のとばりを突き上げて噴煙が上がりました。そのときも活動期だったのですね。翌日、ホテルからタクシーで空港に向かいましたが、市内は降灰で大変でした。いたるところで車が止まり、ドライバーの方がフロントガラスをブラシで磨いていました。バスはもっと大変です。運転手さんは、長い柄のブラシでフロントガラスの高い部分を、必死の形相で磨いていました。火山灰は細かくて粘着力が強く、ガラスなどにくっつくと始末におえないそうです。市民はハンデを負わされるなあ、と同情したものです。そのときのことを思い出しながら、「降灰はどうですか?」と訊くと、運転手さんは、「今の時期は風向きが海のほうへ行ってますから、鹿児島市内は大丈夫です。6,7月だったら大変だったですよ」と、ちらっと桜島に目をやりながら言いました。薄い灰色の噴煙が固まるように上がっており、上部は風で崩れかけていました。


鹿児島県 鹿児島市 マリンパレスかごしま 編


   マリンパレスかごしまは桜島と、幕末の薩英戦争で知られる天保山沖を、一幅の絵画のように収めたような場所に立地していました。翌朝、海岸沿いの遊歩道を桜島を右前方に見ながら、ウオーキングしました。午後からの講演は、元気盛りの中年女性が会場の殆どをいっぱいにして、大いに盛り上がりました。「どうしたら諦めないですむか」という演題が不自然なほどに笑いで反応してくれ、僕の胸の中でも期待と希望が膨らみました。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.