埼玉県 春日部市 春日部市中央公民館講堂 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.376

 
埼玉県 春日部市 春日部市中央公民館講堂 編

日付
2015年2月13日(金)
旅先
埼玉県 春日部市
会場
春日部市中央公民館講堂
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

青少年育成春日部市民会議
平成26年度 家庭教育講演会「今も耳に残る母の読み聞かせ」


    春日部市を訪れたのは11,2年ぶりでしょうか。民間の特別養護老人ホームに招かれ読み聞かせ会を催して以来のことでした。その日は家族デーで、利用者(入所者)の家族が子どもたちも含めて大勢集まり、大変賑やかでした。ホーム内には、ちょっと1杯やってこうか、といった雰囲気の居酒屋もあって、普段は酒を愛する利用者が楽しそうに肴を突きながら飲んでいるそうです。終わってホーム内を見学させてもらいました。利用者が何人もベッドで昼寝をしていました。「鎮静剤を投与しているので静かに寝ていますが、徘徊癖の人や、暴れる人もいて介護は大変です」案内の方の言葉に、僕は深くうなずきました。


埼玉県 春日部市 春日部市中央公民館講堂 編


    ところで、今回の講演は満席で、読み聞かせの実演では会場の皆さんが物語世界に入ってきて、緊迫した場面では固唾を飲む様子がステージに伝わってきました。僕は天国の母に聞いてもらっているつもりで語っていました。「お母さん、お母さんにいっぱい読み聞かせをしてもらったお陰で、今は僕もこうして読み聞かせを聞いてもらうようになりました」終わって、春日部特産の工芸品をおみやげに頂きました。何の容れ物にしようかな。美しい折り紙を敷いて心にしまってある大事な思い出の1部をここへ移そうかな。読み聞かせ活動をやっていると、童心がなくならず、ときに大きく膨らみます。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.