兵庫県 加古川市 加古川市総合福祉会館 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.373

 
兵庫県 加古川市 加古川市総合福祉会館 編

日付
2014年12月10日(水)
旅先
兵庫県 加古川市
会場
加古川市総合福祉会館
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

加古川市老人大学院 公開講座
「〜楽しく生きるヒント〜 今こそゆっくりさわやか人生を」


    加古川市を初めて訪れたのは、保険調査員時代の28歳のときでした。久々に加古川駅を降り立ってみた駅前は、見覚えのない光景でした。えっ、まさか認知症…一瞬、凍りつきました。でも、予約したホテルに向かう道すがら、あっ、この建物あったぞ、この店もあったな、立て直したらしいけど、と思い出が甦ってきました。ところで、夜の8時を回ったばかりなのに、人通りが少ない。チェックインしたら夜の繁華街に出撃するつもりでしたが、ホテルのレストランですませることにしました。そのホテルのレストランの入り口に、「かつめし ご用意出来ます」の掲示がありました。かつめし? 聞き覚えのない言葉で少々気になりましたが、いも焼酎の友にはなりそうもありません。違う料理を注文しました。


兵庫県加古川市 加古川市総合福祉会館 編


    翌朝、迎えの車に乗って会場入りしました。平日の10時スタートだというのに、ホールいっぱいの方々が聴きにきてくれました。高齢者の方々が多かったのは当然のことですが、ポツンポツンと若手の方も。仕事を持っている方や、ボランティア活動をしている方が大部分だったせいか、皆さん活気があり、興味あるテーマだったようで、熱心に耳を傾けていました。公演終了後、かつめしが用意されていました。熱々のご飯に豚カツを載せ、かつめし特有のタレをかけた料理で、加古川市と、その周辺だけで親しまれている典型的なローカルフードでした。空きっ腹にモーレツに旨かったですよ。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.