茅ヶ崎市立 浜須賀小学校|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.37
 

日付 2005年1月29日(土曜日)

旅先 茅ヶ崎市立 浜須賀小学校

著者
「茅ヶ崎市立浜須賀小学校」学校新聞より
茅ヶ崎市立浜須賀小学校 読み聞かせ旅日記
「茅ヶ崎市立浜須賀小学校」
 1月29日(土)浜須賀小学校体育館にて、直木賞作家である志茂田景樹さんの読み聞かせ劇場が行われました。当日は小雨がちらつくなど肌寒い陽気でしたが、体育館内は読み聞かせ劇場を楽しみに集まった子ども達や保護者の方々(約400名)の熱気でぽっかぽか。メディアでもお馴染みのファッショナブルないでたちの志茂田氏が登場すると、会場からは大きな拍手が起こりました。
  絵本に因んだクイズなどを交え、子ども達の心をほぐしながら『ぞうのこどもがみたゆめ』の読み聞かせが始まると、壇上に大きく映し出された絵本の原画に大人も子どもも釘付けです。志茂田氏の主催される『読み聞かせ隊』スタッフの演奏するピアノも絵本の世界をより感動的なものにしていました(子象がお母さん象と別れるシーンではハンカチで目頭を押さえる人も……)。
茅ヶ崎市立浜須賀小学校 読み聞かせ旅日記
「茅ヶ崎市立浜須賀小学校」

 その後『落語・じゅげむ』の小噺などを織り交ぜながら、ご自身が絵筆を執られた『まんねんくじら』のスライドを使った読み聞かせや、セントバーナード犬とプードル犬の友情を暖かく描いた『ぽんちとちりん』を語り(本や映像は一切使わずに、お話だけで物語を届ける方法)で聞かせてくれました。
また、プログラムとプログラムの間に、ご自身が『読み聞かせ隊』を結成するに至った経緯や、子ども時代の思い出など、興味深いトークを挟みながら講演は進行していきました。読み聞かせ劇場のラストには、茅ヶ崎を拠点として活動されているソプラノ歌手の根本伸子さん、ヴィオラの演奏家・花井直子さん、浜小PTAでもある山田栄美子さんのピアノによる『ジュピター』の歌と演奏があり、体育館内はまるでコンサートホールのような雰囲気に……。その後に、子ども達による『ビリーブ』の合唱で、素敵な時間をプレゼントしてくれた志茂田氏への感謝の気持ちを表現し、大盛況のうちに閉幕となりました。
  志茂田氏というと、どうしても奇抜なファッションに目を奪われがちですが、講演準備中に体育館内に掲示された子ども達の絵を、一枚一枚丁寧に見て「なんてキレイな色なんだろう」「どうしたらこんなに素晴らしい絵がかけるんだろうね」などと話をされたり、『Child』と背中にロゴの入ったシャツを衣装に選ばれたりなど、温かな人柄があちこちに見受けられました。

『君たちみんなにお願い。この星をいつまでも美しい星にしておくためにアイディアを出して頑張ってください』これは志茂田氏が子ども達に送ったメッセージです。きっと、浜小の
子ども達の心に届いたに違いありません。

茅ヶ崎市立浜須賀小学校 読み聞かせ旅日記
「茅ヶ崎市立浜須賀小学校」

全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.