山口県 防府市 アスピラート 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.365

 
山口県 防府市 アスピラート 編

日付
2014年11月14日(金)
旅先
山口県 防府市
会場
アスピラート
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

●「楽しく生きるヒント〜今こそゆっくりさわやか人生を〜」
   防府市社会福祉協議会


   山口宇部空港に降り立ち、迎えの車で防府市内の会場アスピラートに向かいました。楽屋に落ち着いて間もなく福岡市在住の平松暁・真由美夫妻と、その一粒種 沙真ちゃんが訪れました。北九州近辺で講演があるときは、前触れもなく不意に訪れることがあるので、嬉しいサプライズになります。沙真ちゃんは3歳前後の頃から知っており、感受性がとても豊かでした。鉛筆画の絵をその場でさらさら描いて渡してくれましたが、いい感覚でしたね。高校生のときに「わたしは一本の木に恋をした」という作品で、小説家デビュー、同作品はテレビドラマ化されて話題を呼びました。まだ20代前半、これからの本領発揮が楽しみです。その沙真ちゃんが面白いものをお土産にくれました。写真をご覧ください。グラスに2人の小人が寛いだ感じで取りついています。ミニミニサイズのフィギュア人形です。いろいろに手足を変化させて、束の間、笑いのうちに憩うことができました。


   ウイークデーの午後早い時間からの講演だったので、年配の方が多かったのですが、若い方もちらほらいましたね。空港についてからツイッターで告知をしましたが、それを見て、急遽、足を運んでくれたフォロワーの方もいたかもしれません。終わって新幹線の新山口駅まで送って頂きました。東京へ帰らず、岡山乗り換えで高松に入りました、次の日にこの地で講演を行うためです。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.