愛知県 名古屋市 キャッスルプラザ名古屋 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.354

 
愛知県 名古屋市 キャッスルプラザ名古屋 編

日付
2014年9月1日(月)
旅先
愛知県 名古屋市
会場
キャッスルプラザ名古屋
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

● Shunnka講演会
   「自分がとしだからといって妥協しない生き方」


   この日、東京は曇天、雨模様になりそうでしたが、名古屋へ着いたら雨が迎えてくれました。会場のホテルは講演やイベントなどの出張で宿泊したことがあります。名古屋駅から地下通路で行けるので、傘の用意がなかった僕は、悠々と歩いて向かいました。ところが、そそっかしいものですから、手前のビルの出口へ出てしまいました。地下通路へ戻るのも面倒だったので、そのままホテルへ駆け込みましたが、このとき折悪しく雨足は最強で20メートルもない距離なのに、レインボーカラーの髪の毛を濡らしてしまいました。


   Shunnkaは元気なシニア、つまりアクティブシニアの方々が、さらにアクティブな人生を送れるようイベントの催し、通信販売商品の廉価提供など、さまざまなサービスを行っており、女性の会員が圧倒的に多いと聞いております。僕はShunnka発行のBrillanntという季刊誌に「言葉の花束」を連載しています。年齢や、周囲にとらわれない生き方は僕が常々心がけていることですが、会場へ入ると約200人の参加者のうち99%はシニアの女性で、天井が崩れ落ちそうな歓声と拍手で迎えてくれました。サプライズの登場でしたが、この日の演題そのままの生き方をしている方々ばかりのようで、とても話しやすかったです。話の成りゆきで「勝手にしやがれ」を僕流に歌いましたが、どうしてそういう歌い方になるのかを理解してくれたようで、盛大な拍手で応えてくれました。この世代がアクティブな限り、日本は安泰でしょうね。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.