東京都 豊島区 ホテルメトロポリタン池袋 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.345

 
東京都 豊島区 ホテルメトロポリタン池袋 編

日付
2014年6月28日(土)
旅先
東京都 豊島区
会場
ホテルメトロポリタン池袋
著者
志茂田景樹隊長

 
 
日本「性とこころ」関連問題学会 第6回学術研究大会
   「性とこころのアンバランスから生まれるもの」
    
 スタッフからこういうところからオファーがありました、と渡されたコピーを一瞥して目を見開きました。日本「性とこころ」関連問題学会の第6回学術研究大会での公開講座だという。今年のテーマは「暴走する性・彷徨う愛」で、と知ればどんな大会だろうとこわごわながら関心を唆られます。メンバーは医系、教育系の医師、専門家がほとんどです。医大、開業医の方々はメンタルクリニック畑の人が多いようです。僕もツイッターで悩み相談を行っており、その半ば以上が恋愛と心の問題に関わるものです。それでお受けしましたが、演題は冒頭に挙げたようなものになりました。会場を見渡すと看護師さんや、学生さんでしょうか。若い人たちも大勢いました。話の流れの中で音痴という負い目を外にさらけ出すことで武器にしたという体験を披露しましたが、アカペラで「勝手にしやがれ」を歌いだしたときは会場の皆さんもあっけにとられたようです。音痴の証明でもありましたが、専門家の人は「こいつ、心のリズムを崩しているぞ」とお思いになったかもしれません。半分、当たっています。でも、気分爽快でした。日本「性とこころ」関連問題学会のみ皆さん御清聴有難うございました。

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.