神奈川県 横浜市 みたけ台幼稚園 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

絵本 読み聞かせ旅日記 No.342

 
神奈川県 横浜市 みたけ台幼稚園 編

日付
2014年5月26日(月)
旅先
神奈川県 横浜市
会場
みたけ台幼稚園
著者
志茂田景樹隊長

 
 
 電子絵本による読み聞かせという試みも今回で2回目、これも電子書籍が興隆する兆しかなあ、と改めて思いました。そう言えば、2013年度の電子書籍の売上げは、前年度を30%近くも上回り、初めて1000億円の大台に載ったそうです。この背景にはスマホの飛躍的普及、タブレット、電子書籍リーダーの充実があります。楽天coboも電子書籍の売上げ急増に一役も二役も買っていることでしょう。

 さて、横浜市の青葉区にあるみたけ台幼稚園は園児数の多い幼稚園です。年少さんを除いて321人のよい子がホールで待っていてくれました。登場時に「みたけ台幼稚園のよい子のみなさん、おはようございます」と挨拶すると、ホールの壁や、天井を震わせて「おはようございます」の大合唱が返ってきました。朝食を腹いっぱい食べてきただけでなく、積極的な性格のよい子が多いためでしょうね。使った電子書籍は町田のこばと幼稚園でもやった「シーソーあそびと」と、今回が初めての「だれもしらないバクさんの夜」でした。バクさんが悪夢に苦しむ動物たちのその悪夢の中に潜り込み、悪夢のもとを食べてしまう話に、子どもたちは悪夢を怖がりながらもとても目を輝かせて聴き入ってくれました。悪夢でうなされているときに自分も助けてほしいと思ったのでしょうね。

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.