広島県 尾道市 尾道市因島市民会館 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.323
 
広島県 尾道市 尾道市因島市民会館 編

日付
2014年2月9日(日)
旅先
広島県 尾道市
会場
尾道市因島市民会館
著者
尾道市市民生活部人権推進課
因島ふれあいセンター 門家 司様

 
 
 「〜男女共同参画−今ともに歩み出す時〜共に生き・共に育てる」をテーマに講演をお願いしました。
講演会の前日は、東京都内で13年ぶりの大雪警報が出され、志茂田景樹隊長は、当日来られる予定でしたが、新幹線の遅れを心配され前日に尾道にお越しになりました。司会が、プロフィール紹介直後、隊長がステージに登場されるとTVのそのままのスタイルに大歓声。冒頭、先月末の事務所での盗難事件のお話。因島はこうした犯罪の心配もない安全で平和な島だとのお言葉をいただきました。続いて、舞台に飾ってある花と隊長の今日のファッションのお話。やっぱり、隊長のセンスのほうが勝っているとのことでした。当方は、彩りを今日の講師に負けないようにと発注したつもりでしたが…。本日の読み聞かせは、「ぞうのこどものみたゆめ」でした。楽屋から「ぞうの滑り台」が見えたからかもしれません。(隊長のツイッターに写真があります)

広島県 尾道市 尾道市因島市民会館 編

最後に、新ゼロ歳のお話では「意識というのは、いつも前へ働かせる、上へ働かせる、これでないといけない」と述べられました。
参加者の感想を少し紹介します。

〇 景樹さんのファッション、TVでよく見る通りで良かった。読み聞かせの象さんの話、思わず引き込まれ感動しました。私も前向きに生きて行こうと思いました。(70才以上女性)

〇 人生を高ぶらず、幼少の気持ちで人に接する優しい気持ちを、人々に与える志茂田先生であると感動じました。再度お話が聞きたいです。(70才以上女性)

〇 今日から新6才になり若返りたいと思いました。読み聞かせを聞いて、心が洗われるような気持ちになり、うれしく思いました。(60代男性)

〇 読みきかせの話、素敵でした。帰って子どもに読み聞かせてあげます。(40代男性)

テーマの男女共同参画ということで言えば、隊長が読み聞かせをし、光子マネージャーがパワーポイントで絵本をめくる。これが男女共同参画なのですね。
講演終了後、会場玄関でスタッフ一同での集合写真に快く応じていただきました。また因島にお越しいただけたらと思います。ありがとうございました。

広島県 尾道市 尾道市因島市民会館 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.