岡山県 里庄町 里庄総合文化ホール フロイデ 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.304
 
岡山県 里庄町 里庄総合文化ホール フロイデ 編

旅先
2013年3月24日(日)
会場
岡山県 里庄町
会場
里庄総合文化ホール フロイデ
著者
岡村 咲津紀 様

 
 
 人口11,000人の小さな町に、過激な志茂田先生の来町で入場者は感激一杯でした。
企画は、青少年相談員の研修会ということでしたが、著名人の志茂田先生をお招きするということで町民の方々にもお誘いさせていただきました。
乳幼児から高齢者までの来場者の中、志茂田先生はご自身の豊富な経験を元にお話をしてくださりました。
聴講者はうなずき、涙を流しながら講演を聞いていました。
講演の合間には、読み聞かせが入り、生演奏のチェロの音色が心地よい響きで会場一杯に広がりました。
志茂田先生の迫力ある読み聞かせに、子どもたちはすっかり引き込まれ、はまってしまった様子でした。
参加者からの声は、「絵本を通して子どもだけでなく、大人も心に響くものがある」、「読み聞かせを通じて命の尊さ、生きることの大切さを学んだ」、「親子の絆、家族の絆、地域の絆の大切さを感じた」、「志茂田先生の心からのメッセージが充分伝わってきました」などなどお聞きしました。
志茂田先生のお話から、自然に生きる力が湧いてくる感じがし、心を育むのは理屈ではなく、体験だと深く感じました。

岡山県 里庄町 里庄総合文化ホール フロイデ 編

 本当にご多忙の中、快くお引き受けくださり、ご講演を賜りまして心より感謝申し上げます。是非、再度ご縁がありますことをお願い申し上げます。
有難うございました。

岡山県 里庄町 里庄総合文化ホール フロイデ 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.