大阪府 堺市 ビッグ・アイ(国際障害者交流センター) 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.302
 
大阪府 堺市  ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)  編

旅先
2013年3月2日(土)
会場
大阪府 堺市
会場
ビッグ・アイ
(国際障害者交流センター)
著者
ビッグ・アイ しゅわ〜ズ
上岡亜希様

 
 
 大阪府堺市・高槻・鳥取・奈良・豊中からお越しの約90名にご参加いただきました。ビッグ・アイで活動しているボランティアである「サポーター」。その中から、「手話を広めたい!」という気持ちがあるメンバーの「ビッグ・アイ しゅわ〜ズ」。
志茂田隊長の読み聞かせと、しゅわ〜ズの手話のコラボレーションによる「ひかりの二じゅうまる」、「ぞうのこどもがみたゆめ」、志茂田隊長のトークといった盛りだくさんの一時間でした。
トークでは、志茂田隊長が自分の子供の頃のことや、体験を飾らずに話して下さった事で、親近感を持ちました。
よみきかせでは、子どもたちはくいいるように志茂田隊長を見つめ、耳をそばだて、大人たちも皆、えほんの世界に引き込まれているようでした。
イベントが終わってから、参加した子どもから「よみきかせよかった」「しゅわいいです」という嬉しい言葉があり、みんなで喜びました。
しゅわ〜ズは初めての舞台で、「伝わるだろうか」「失敗したらどうしよう」と、とても緊張していた時に、志茂田隊長が優しく語りかけて下さり、お人柄とお言葉にみな奮い立ちました。「自分たちのできることをしたら、きっと思いは伝わる」と一転、安心して壇上に挑み、イベントが終わった時に、手話で皆に伝える楽しさを改めて感じることができました。ただ一つだけ残念なのは、素敵なファッションについてのお話しを伺えなかったことです。
志茂田隊長 ありがとうございました。
ビッグ・アイ
しゅわ〜ズ一同

大阪府 堺市  ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)  編

大阪府 堺市  ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)  編
 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.