千葉県 成田市 ホテル日航 成田 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.291
 
千葉県 成田市 ホテル日航 成田  編

旅先
2012年12月7日(金)
会場
千葉県 成田市
会場
ホテル日航 成田
著者
長谷川病院 執行役員 菊池様

 
 
  来る12月7日(金)、長谷川病院の職員、家族および関係者を集めた恒例の忘年会で、志茂田先生に「読み聞かせ」を開催しました。当日は直前の地震の関係もあり、交通機関の乱れから開催時間が少し遅くなりました。しかし、多少の遅れの中でも予定参加人数は120名を超えるスタッフや関係者が集まりました。また、今回は特に小学生以下のお子様が数多く参加されました。
開催とともに先生にご登場頂き、参加者からは「志茂田景樹先生、本物だ」との歓声もあがり、開場は大興奮の渦に。今回のお話は「ぞうのこどもがみたゆめ」、「ぽんちとちりん」の2作品でした。特に「ぽんちとちりん」は、先生のお話に夢中となっていた多くの参加者が、目に涙を浮かばせながら聞き入っていました。命の大切さを感じられたこの作品は、子どもたちだけではなく、多くの参加者からも感激と感謝の拍手が絶え間なく続いたことは言うまでもありません。志茂田先生、本当にありがとうございました。
こうした先生のお話(読み聞かせ)を、定期的にお願いしたいと今は考えています。もちろん病院の職員ばかりでなく、多くの患者様に伝える事ができたら、とても幸せな事だと、改めて感じました。

千葉県 成田市 ホテル日航 成田  編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.