高知県 土佐清水市 土佐清水市社会福祉センター 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.265
 
高知県 土佐清水市 土佐清水市社会福祉センター 編

日付
2012年2月25日(土)
旅先
高知県 土佐清水市
会場
土佐清水市社会福祉センター
著者
土佐清水市社会福祉協議会 
西本久美香様

 
 

2月24日、いよいよ待ちに待った「志茂田景樹隊長」による「福祉教育とボランチィア研修会」の始まり。今回の講演会は降ってわいたようなラッキーな開催となったのに、宣伝・周知不足で思った以上に参加者が少なく50人弱の会になってしまった。
残念!
ただ、参加者にとっては本当にラッキーな会となり、マイクを使わないでも聞こえるくらいの距離で、隊長の読み聞かせに対する思いを聞くことができ、実際の読み聞かせでは、物語の世界に自然に入り、時には涙を、時には胸の高鳴りを感じることができた。参加者は2歳から70歳代と幅広く、隊長も非常にやりにくかったと思われたが、そこはプロ中のプロ。難なく、みんなを話の世界に引き込んでいった。さすが!
隊長の読み聞かせは、「命の大切さ」「生きることの素晴らしさ」を伝えることであると話されていたが、これこそ私たちが取り組んでいる「福祉教育とボランティアの推進」につながる。
参加者は志茂田隊長の読み聞かせに心打たれ、講演後は「子供に」「孫に」「自分に」と一人が何冊も本を手にした。そして、それぞれの思いを胸に、参加者はみんなすがすがしい気持ちで会場を後にした。
隊長はじめ、事務所の方々、また、お世話をして頂いた難波さん、多くに方に感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございました。


高知県 土佐清水市 土佐清水市社会福祉センター 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.