東京都 葛飾区 葛飾区立南奥戸小学校 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.256
 
東京都 葛飾区 葛飾区立南奥戸小学校 編

日付
2012年1月14日(土)
旅先
東京都 葛飾区
会場
葛飾区立南奥戸小学校
著者
宮田留美先生
学校図書館支援指導員 飯沢晴美先生

 
 

南奥戸小学校にご来校くださり、ありがとうございました。
本校は、読書週間や図書ボランティア「ドルチェ」による読み聞かせなど、読書活動に力を入れ取り組んでおります。またここ数年、読書講演会として作家の方をお呼びし、講演や読み聞かせをしていただいております。今回、志茂田先生が全国を回って読み聞かせをされていることを知り、ぜひ本校でも読み聞かせをしていただきたいと、講演のお願いをいたしました。

葛飾区では毎月1回、「葛飾教育の日」として、土曜日に学校公開を行なっております。今回は、児童だけでなくたくさんの保護者にも聞いていただきたいと思い、この公開に合わせて読書講演会を実施したところ、569人の「良い子」の全校児童と、「かつて良い子だった」多数の保護者、地域の方が参加。
「志茂田隊長!」という掛け声とともに、大きな拍手で志茂田先生をお迎えしました。颯爽と登場された志茂田先生に、みんな大感激!!子供たちの目はキラキラと輝いていました。


東京都 葛飾区 葛飾区立南奥戸小学校 編

  今回は「ちいさなちいさなぞうのひみつ」「まんねんくじら」「ぽんちとちりん」の3冊を読み聞かせしていただきました。「ちいさなちいさなぞうのひみつ」では、まるで本物のようなぞうの鳴き声や先生の動きに、子どもたちは釘付け。中には一緒にマネをしている子供もいました。「まんねんくじら」では「一番大きな生き物は?」という先生の最初の問いかけに、多くの子供が「はい、はい。」と手を挙げ、先生に指名してほしくて身を乗り出していました。また、プロジェクターで映されたカラフルな絵が印象的でした。「ぽんちとちりん」では、先生の読み聞かせに心が温かくなりました。子供たちは「かわいそうだった。」「でも、きっとぽんちは幸せだったと思うよ。」と読み聞かせを通していろいろなことを感じることができたようです。

先生の語りと、絵本の迫力で体育館の中がまるで別世界のようでした。
  あっというまの一時間でしたが、絵本の世界を楽しませていただきました。ありがとうございました。

志茂田先生とマネージャーの奥様には素晴らしい機会を与えていただいたことに感謝しております。今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.