宮城県 石巻市 石巻専修大学 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.242
 
宮城県 石巻市 石巻専修大学  編
〈大学の理事長なぜ広いのか〉

日付
2011年10月8日(土)
旅先
宮城県 石巻市
会場
石巻専修大学
著者
志茂田景樹 隊長

 
 
石巻専修大学の理事長室であります、
2,30分後に講演を控え、
寛いでおります、
いくつかの大学の理事長室を、
見てまいりましたが、
いずこも教室ほどに、
広いのであります、
大学の入学希望者数が、
少なくなるにしたがい、
理事長室が広くなる?

そんなことはないのであります、
わが大学は広く人材を求め、
くるものは拒まず、
という度量を見せるには、
理事長室が狭くては、
伝わらないということで、
ありましょうや、
環境超優良のこの大学に、
復興の人材が集う願いを込めて、
講演に臨みます。

宮城県 石巻市 石巻専修大学  編
〈応援団OBはピーターパン的学ラン症候群ら しい〉

卒業してすでに事業の、
経営者もいました、
どのOBも家族を大事にする、
人柄と見受けました、
でも、その胸の奥には、
スタンドで声をからし、
応援に青春を捧げ、
陶酔したときの、
快感がしっかりと、
しまわれていた、
のであります、
さらに、
洋服ダンスの奥に、
かの学ランも、
大事に愛おしく、
吊るされていた、
のでありましょう、
どちらも本日、出番で、
ホームカミングデー懇親会の、
華となり、
青春に還ります。
講演会終了後、
時間をおいて、
同じ会場で、
慰問読み聞かせ会を、
開かせていただきました、
読み聞かせを終えて、
慰問で贈る絵本の、
サイン会を行いました、
いつも子供にサインをするとき、
僕の命は躍ります、
無垢な存在に、
畏れるように、躍るのです。

宮城県 石巻市 石巻専修大学  編
〈サイン会で見せる子供の表情ほど無垢なものはない〉


 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.