滋賀県 彦根市 ひこね市文化プラザ 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.237
 

滋賀県 彦根市 ひこね市文化プラザ 編
日付
2011年8月27日(土)
旅先
滋賀県 彦根市
会場
ひこね市文化プラザ
著者
歴史座会 イベント担当 目加田宗彦

 
 
志茂田景樹氏講演会&学校をつくろう上映会

8月27日
彦根は快晴。
志茂田景樹先生がひこね市文化プラザに現れた。
わ、テレビと同じやん。でも、今日はタイツちゃうんや。
ま、でも派手やな
関東の人には思えへんな〜
と心の中では、そんな風に・・・
とはいうものの、先生の物腰は一貫しておだやかで
先生の周りをちょっと不思議でスローな空気が流れていた。

「蒼翼の獅子たち」を読んだときは
さっぱりとした文章で、
主人公の4人のサムライたちも
きりっと描かれて
先生は、普段からきっと切れ味鋭く、男らしい性格なんだろうな〜

また、事実の考証へのこだわりもかなり大事にされていて
頑固な部分もあるのかな。とも思っていました。

講演会でのお話は
幕末明治維新の主人公達の話
先生の戦後の体験
それから、今回の東日本での震災
それらを元に
何もないところに種を蒔くこと。
それを次の世代の人達が育て
花を咲かせる。
何もないところに希望を感じ種を蒔くのが若者だよ。


実際、会場は年配の方々が多く・・・笑
その話の切れ味とは裏腹に
話し方がスローなため、気持ちよくなって
うとりうとり・・・大笑

滋賀県 彦根市 ひこね市文化プラザ 編
先生自身まで
映画を何度も見たのですが
何度も寝てしまって、しかも大事な部分を見逃す
今日は、寝ずに見ます。


その後の上映会で
先生は寝ずに見ておられたとの情報が入っております。

上映後、先生には快く
お客様にサインと握手をしていただいた。

ひこねのお客さんは
ひこね市民のくせに全く知らなかった専修大の創設者・彦根藩士相馬永胤さんの話に
感動し

種を蒔くぞ!

私の苗字は目加田。
私は
ストーリーに出てくる目賀田種太郎さんとは同じ一族であり
種太郎さんの活躍をみんなに知ってもらったことで大きな役割を果たせました。

志茂田先生ありがとうございました。

いつまでもお元気で、がんばってください。

滋賀県 彦根市 ひこね市文化プラザ 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.