長野県 飯田市 飯田創造館 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.235
 

日付
2011年7月31日(日)
旅先
長野県 飯田市
会場
飯田創造館
著者
志茂田景樹隊長

 
 
長野県 飯田市 飯田創造館 編
飯田創造館「志茂田景樹の読み聞かせ劇場」
    7月31日(日)14・00〜

 飯田路は猛暑で炎上、驟雨で鎮火のような有様でした!!

 和楽器オーケストラ「むつのを」とのコラポによる読み聞かせで、洋楽器の演奏を挿入して語る読み聞かせとは一味も二味も違います。十七絃、琴、尺八3つの音色は物語世界に幽玄な深みを与えてくれました。お蔭で、物語の世界は現代でも太古の世界へきて語っているような心地になりました。

長野県 飯田市 飯田創造館 編
実はこの間、外は烈しい雨が降っていたのですが、それにまったく気が付きませんでした。
  終わっての質問タイプでは子供たちからの質問が相次ぎました。好きな食べ物は? なぜ頭をいろいろな色に染めているの? よく出る質問でしたが、好きな食べ物に芋焼酎のお湯割りを挙げてしまったので、飲むのは大人になってからだよと断り、おいしい芋焼酎のお湯割りの作り方まで披露してしまいました。質問者は小学3,4年生ぐらいの男の子でした。
  10数年後、どこかで再会したらおいしい芋焼酎のお湯割りで乾杯しようね。

長野県 飯田市 飯田創造館 編
会場を出ると、水たまりができて、まだ小雨が残っていました。しかし、飯田へ着いたときは、炎上していると感じたほどですが、その熱気は拭われ、涼しかったです。
これから旧知の映画監督後藤俊夫さん宅を訪れます。

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.