東京都 武蔵野市 武蔵野プレイス 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.233
 

日付
2011年7月16日(土)
旅先
東京都 武蔵野市
会場
武蔵野プレイス
著者
志茂田景樹隊長

 
 
武蔵野プレイス開館記念講演「志茂田景樹の親子読み聞かせ劇場」  7月16日(土)14:30〜15:30

 (おしまい)は(はじまり)です。1話終わって次のお話に入る前に子供たちといろいろやりとりしながらトークをおこなっている最中です。

東京都 武蔵野市 武蔵野プレイス 編
しかし、文化都市武蔵野にまた一つ、アカデミック憩いの場が生まれました。図書館を中心に、自習に最適なスタディコーナー、静かな書斎の雰囲気で在宅感覚で仕事もできるワーキングデスク、各種会議室、パフォーマンススタジオ、その他もろもろ。わあ、充実しすぎて勉強も調べものも忘れて楽しんでしまいそう。
  僕らの学生の頃、どこいったってこんな施設はなかった。暗い電球のスタンドで机の上だけが照らされてほかは暗がりの中で勉強した子供の頃が懐かしい。でも、とても貴重な思い出のような気がする。
  物語世界に入り込んだ子供たちの目の黒水晶のような輝きに、ふっと今この子供たちは将来、自分が大人になり、人の親になったときに子供たちに、そして、わが子に伝える思い出を紡いでいるのだという気がしました。
  そのとき、しっかり伝えられるよう、今、この場でしっかり伝えなければ、とそのことを念頭に置いて物語を語りました。
  物語世界をフルートの音色で大きく広げてくれたフルート奏者の澤田由香さんもきっと同じ気持ちでいたことでしょう。

東京都 武蔵野市 武蔵野プレイス 編

 
 
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.