福岡県 山口県 下関市 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.19
 

日付 2004年7月28日(水曜日)

旅先 福岡県 山口県 下関市 編

著者
マネージャー 下田光子
福岡県・山口県下関市編 読み聞かせ旅日記
「シロナガスクジラ本物の標本の下にて」
 七月二十八日下関での読み聞かせ。この日はなんと、26メートルもある巨大なシロナガスクジラの前での読み聞かせでした。クジラの前での「まんねんくじら」に皆さん大変喜んでくださり、子供達はもちろんのこと、読み聞かせボランティアの方々もたくさん集まって楽しい一時となりました。
  翌日福岡の能古島へ渡りましたが、これは読み聞かせ会ではなく、私的な小旅行です。作家壇一雄さんの住居を訪れ、しばし、日常から離れていろいろなことに思いをめぐらしました。美しい玄界灘をながめながら、小説家としての壇さんの足跡、また一私人としての壇さんの悩み、病気との戦いを思い、人の一生には、実にさまざまなできごとがあり、皆それを乗り越えながら一日一日を生きているのだと、しみじみと感じたことでした。
  その夜は大急ぎで福岡にもどり、ロータリークラブの皆様の前での講演、読み聞かせです。お孫さん連れのご家族も多く、皆さん熱心に聞き入っておられました。終了後、さっそく絵本を開いて、年少の子供たちに読んであげているお姉ちゃんを見て、本当にうれしく思いました。志茂田隊長が、いつも提唱している、いつでも、どこでも読み聞かせの輪が広がることが、現実に目の前でくりひろげられていました。マネージャーであり、妻である私にも少しお話しをということで、皆様の前で、私のつたない体験談を語りましたが、家庭を守る奥様方を多少なりとも力づけ、お励ましできたのでしたら、私にとって無上の喜びです。また機会がありましたら、どこかでお話できたらと思います。
福岡県・山口県下関市編 読み聞かせ旅日記
「能古島、壇一雄さん宅庭にて」
 
福岡県・山口県下関市編 読み聞かせ旅日記
「読み聞かせ」

全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.