愛知県 名古屋市 中日パレス ヴィスタホール 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.161
 


日付 2009年3月1日(日)

旅先 愛知県 名古屋市

会場  中日パレス ヴィスタホール

著者 伏谷 紀子
    (国際ゾンタ名古屋ゾンタクラブ)


愛知県 名古屋市 中日パレス ヴィスタホール 編
【中日パレス ヴィスタホール 編@】
  この日はお昼近くに名古屋に到着。コートを脱いでいても暖かい春らしい日でした。会場は市一番の繁華街・栄です。
本日は国際的ボランティアグループの国際ゾンタ26地区名古屋ゾンタクラブの「ようこそ 志茂田ワールドへ」というチャリティーイベントです。このクラブは2年後には設立40周年を迎える歴史のあるクラブです。
そのせいか、いつもはよい子たちへの読み聞かせですが、聞き手は中高年のおばさまたち(もちろん、おじさまもいましたが)。志茂田景樹読み聞かせ隊長もちょっぴり戸惑いがちです。
でもそこは講演などもこなす志茂田景樹隊長。軽快な語りで来場者の心をつかんだ後は、それこそ「志茂田ワールド」です。仁平真由美さんのフルートの音をバックによい子へのメッセージを込めた読み聞かせは、子どもたちだけでなく、中高年のおばさま(おじさま)たちの琴線に触れたのでしょうか。涙を拭いている方も多く見かけました。「亡き両親の姿を思い出した」「本当によかった。久しぶりに純な気持ちになった」と大好評でした。
また、志茂田隊長が読み聞かせで全国を回りながら、ライフワークとして御長寿の方々を取材してきた中で、92歳のおじいちゃまが「長寿の秘訣です」と書いてくれた色紙を見せてくれました。決して上手な字ではありませんが、それにはこう書いてありました。「腹を立てず(怒らず) 心を丸く持ち 気を長く(忍耐) 己を小さく(謙譲) 人を大きく(褒める)」。人生の達人ならではの深みのある言葉に会場から拍手が沸き起こっていました。
最後に志茂田隊長の本の販売とサイン会が行われましたが、本日の感動の証左でしょう。長蛇の列ができていました。

愛知県 名古屋市 中日パレス ヴィスタホール 編
【中日パレス ヴィスタホール 編A】
愛知県 名古屋市 中日パレス ヴィスタホール 編
【中日パレス ヴィスタホール 編B】
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.