埼玉県 さいたま市 さいたま市浦和コミュニティセンター 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.158
 


日付 2009年2月11日(水)

旅先 埼玉県 さいたま市

会場 さいたま市浦和コミュニティセンター

著者 澤田 由香(担当フルート)


さいたま市浦和コミュニティセンター 編
【さいたま市浦和コミュニティセンター 編@】
  2月11日・建国記念日、久しぶりに寒い朝となりました。朝自宅を出て駅に向かう途中、厚い雲に覆われた空から雪がはらはらと降ってきました。にわか雨ならぬにわか雪だったようです。暦の上ではもう春、梅の花は咲き始めていますが、まだしばらくは冬のようです。
今日は浦和駅そばのコミュニティセンターで開催される「はんどinはんど学童保育2009」というイベントの中での講演会&読み聞かせでした。子どもたち(小学校低・中学年くらいが多いかな?)とご家族、200人以上が集まってくれました。
講演で行う読み聞かせは「ぞうのこどもがみたゆめ」「まんねんくじら」「ぽんちとちりん」の3作です。「ぽんちとちりん」の前、先生が子どもたちに犬について質問をしていて、
「フランダースの犬に出てくる犬の名前は?」
「パトラッシュ!」
「じゃあパトラッシュは何という種類の犬かな?」
・・・いろいろ意見は出てくるのですが、なかなか正解は出てきません。
そんな時ある女の子が
「あいけん!」
・・・愛犬!確かにパトラッシュはネロの愛犬だ!とみんな納得。なるほど〜と感心してしまいました。子どもたちの発想って、つくづくすごいですね〜!
帰りにロビーに出ると、家族みんなで仲良くお昼ごはんを食べているところでした。学校で食べる給食もおいしいけど、お休みの日に家族で食べるごはんもおいしいですよね♪
このイベントの資料を読んで初めて知ったのですが、学童保育というのは放課後だけでなく、土曜や長期休みもやっているそうです。さいたま市には公設・民間合わせて100ヶ所以上の学童保育(放課後児童クラブ)があり、学校と地域、保護者の協力のもと、子育てと仕事の両立を力強くサポートしています。

さいたま市浦和コミュニティセンター 編
【さいたま市浦和コミュニティセンター 編A】
さいたま市浦和コミュニティセンター 編
【さいたま市浦和コミュニティセンター 編B】
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.