静岡県 沼津市 沼津市立金岡小学校ル 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.146
 


日付 2008年10月18日(土)

旅先    静岡県 沼津市
開催場所 沼津市立金岡小学校

著者 勝又 明子(金岡小学校PTA)

静岡県 沼津市 沼津市立金岡小学校 編
【静岡県 沼津市立金岡小学校 編@】
  10月18日(土)沼津市立金岡小学校体育館におきまして、三校合同教育講演会を開催いたしました。志茂田景樹隊長とピアニストのみのもとみこさんをお迎えし、大人・子供を合わせて330人の方に参加していただきました。
演題は「今、子供と共にできること!家庭での親子のコミュニケーション」として講演と、「ぞうのこどもがみたゆめ」「まんねんくじら」「ぽんちとちりん」の3作を読み聞かせをしていただきました。志茂田景樹隊長が登場すると会場から、ワァーと大きな歓声と拍手に包まれました。いよいよ読み聞かせが始まると、隊長の優しい語り口とピアノの心地よい音色にうっとりと聞き入ってしまいました。そして目を輝かせながら聞いている子供たちの顔がとても印象的でした。
隊長のお話を聞いて、子供から大人まで感受性をもつことがいかに大事なものかを実感すると共に、親子のふれあいの大切さをあらためて教えられた気がいたします。
講演会後のアンケートでも同様の感想や感謝の言葉が多く、「本を通して親子のコミュニケーションをとっていきたい」など多数の意見をいただきました。
これからも本を通して子供の感受性を養っていきたいと思います。
絵本の販売サイン会では、1人1人に名前やメッセージを入れていただいたり、こころよく写真撮影を何度もしていただいたりと、すばらしい思い出の残る一日となりました。


静岡県 沼津市 沼津市立金岡小学校 編
【静岡県 沼津市立金岡小学校 編A】
静岡県 沼津市 沼津市立金岡小学校 編
【静岡県 沼津市立金岡小学校 編B】
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.