長崎県 東彼杵町|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.12
 

日付 2004年4月3日(土曜日)

旅先 長崎県 東彼杵町

著者
 バイオリン 山内達哉
長崎県 東彼杵町 絵本 読み聞かせ旅日記
同じ九州とはいえ、宮崎生まれの僕にとって、この日の海辺の町、東彼杵町での読み聞かせは新鮮な体験だった。クジラとお茶で有名だということで、子供達にとってもクジラは特別な存在なのだろう。「まんねんくじら」は大変な盛り上がり方だった。時々あがる「わぁー」という子供達の歓声に、僕のヴァイオリンも共鳴して、気持ち良く弾くことができた。志茂田隊長と一緒に色々な所へ行き、読み聞かせのバックミュージックを担当させてもらっているが、子供達との一体感がたまらなくうれしい。音楽を勉強している僕にとっては、一回一回の読み聞かせが得がたい体験として、今後に役立っていくように思う。クジラっ子」ボランティアグループのお母さん方は、小学校での読み聞かせを続けているそうだが、どんな小さな集まりでも、そこに「真心」があるところでは、子供達が健全に育っていくはずだと思う。僕の音楽もそういうものでありたいと願っている。読み聞かせ隊の懇親会で即興のミニコンサートができたことも楽しかった。美しくおだやかな海辺の町での良い思い出となるだろう。最後に一言、東彼杵町は「ひがしそのぎまち」と読みます。皆さん読めましたか。
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.