宮城県 仙台市 仙台白百合女子大学 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.106
 


日付 2007年10月20日(土)

旅先    宮城県 仙台市
開催場所 仙台白百合女子大学

著者 山内達哉(ヴァイオリン担当)

宮城県 仙台白百合女子大学 編
【宮城県 仙台白百合女子大学 編@】
  午後の新幹線に乗って、東京駅から仙台まで約90分、また駅からタクシーで1時間ほど移動した。仙台の白百合女子大にやってきた。

いま自分が住んでいる東京の住まいのすぐ近くにも白百合女子大がある。

どうやら姉妹校らしい。

仙台にあるこの学校は仙台市を一望出来る程の高い山の上にたっており、空気もとってもおいしかった。

仙台には初めて来たが、こんなにも都会だとは思っても見なかった、駅からタクシーにのると後部座席にはあめ玉がいくつか自由にとれるように備え付けられていた。(サービスがいいなぁと思った)

夕方になると写真のように雲の上から観音菩薩を思い出させるような光をとらえることができた、すかさず志茂田先生は菩薩となって「パシャリ!!」

300名ほど入る学校のホールで講演会と読み聞かせを行いました。

保育士を目指している生徒さんが多いということで、たくさん読み聞かせを行って、子供達と一緒に感受性を育んであげられるような、保育士さんになってほしいなとおもいました。

帰りもタクシーにのったのですが、これまたタクシーのおにいさんが僕たちにガムを一枚づつくれるのです。

どうやら駄菓子屋さんの息子さんらしく、ここで僕は初めて知ったのですが、仙台は駄菓子でも有名な街だったようで、、、、。 いまはもう昔のような屋台などないもの、こうやってほのかに駄菓子の街を感じさせる風習、続いてほしいですね?♪

宮城県 仙台白百合女子大学 編
【宮城県 仙台白百合女子大学 編A】
宮城県 仙台白百合女子大学 編
【宮城県 仙台白百合女子大学 編B】
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.