埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編|読み聞かせ旅日記|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No.101
 


日付 2007年9月20日(木)

旅先    埼玉県 さいたま市
開催場所 埼玉会館

著者 下田 光子(マネージャー)

埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編
【埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編@】
  さいたま市私立幼稚園協会のお招きで、1000人以上収容できる埼玉会館へやって参りました。
さいたま市にございます、各幼稚園の先生・ご父兄の方々が参加されました。
びっくりしたのは、大きな会場なのに立ち見が出来るほどの大勢の方がお集まりになったことです。
ここ、さいたま市私立幼稚園協会では、毎月23日をノーテレビ。ノーゲームとして1日テレビを見ない・ゲームをしない日を決めて活動をしてこられたそうで、だいぶ父兄の方々の関心が高まり浸透してきたそうです。
そこで、読み聞かせの大切さを理解された協会では「よい子に読み聞かせ隊」の活動に関心を示し、隊長に白羽の矢が止まった次第でございます。
本日の「講演会(読み聞かせ含む)」は『読み聞かせの大切さ、楽しい子育て』と題して、父兄の方々や幼稚園の職員の方々に”命の尊さ””子どもとの心のかかわり方”を隊長がお話してくださいました。
演奏はフルートの仁平真由美さんです。隊長の語りに合わせての演奏はとてもよい効果音で、更に読み聞かせを素晴らしくしてくださいました。そして大勢のご来場の皆様が感動されておりました。
講演会終了後、サイン会がございまして長蛇の列が出来ましたが、隊長は絵本1冊1冊丁寧にメッセージをいれてサインをされておりました。
そして、サインを頂いた方々の嬉しそうなお顔を見ておりましたら、読み聞かせしてあげるんでしょうね。愛情たっぷりのお母さんの読み聞かせが一番ですもの。
親子でいつまでも続いてくれたらいいなぁと思いながら、会場を後にしました。

埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編
【埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編A】
埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編
【埼玉県 さいたま市 埼玉会館 編B】
全国 絵本 読み聞かせ 旅 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

旅日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.