ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No9 第19回ポプラワールド
 

日付 2005年12月21日(水)

旅先 「第19回ポプラワールド」

著者 マネージャー 下田光子
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記
はじめて読み聞かせを
してくださったメンバーの方
12月21日はクリスマス会を兼ねて、今年最後の『ポプラワールド』を開催しました。今回は、いつもより大勢の方々がお見えになり、私達「よい子に読み聞かせ隊」一同もとてもよろこんでおります。今年は、「よい子に読み聞かせ隊」の隊員のボランティアの方々、読み聞かせをしてくださるメンバーの方も増えました。
  先ず、クリスマスソングを子ども達も含めた全員で一緒に歌いました。そして川村利美さんのご家族が、琴・十七弦・尺八の演奏にあわせて「小人と靴屋」の語りをして下さりました。子ども達もとても喜んで聞き入ってくれました。
  子ども達は、めずらしい琴などにとても興味があるようで、さわってみたり、手で触れて音をたしかめてみたりしていました。
  この『ポプラワールド』を主催するにあたっての志茂田隊長の趣旨は、ここに来てくださる子どもさん連れのお母さんの方々に、なんでも「ダメ、ダメ」ではなく皆と団体の中で遊ぶことなどから学ばせ、お家に帰ってからはわが子に読み聞かせをしてあげ、『親と子の心の架け橋』を小さいうちに作ってあげる子育てを学んでいっていただきたいとの思いです。
  大人の方も子ども達も、読み聞かせ・物語が始まると、みんな物語の中に入っていっているのがとても印象的でした。
  来年も内容が盛りだくさんの『ポプラワールド』にしていくつもりです。皆さんがいらっしゃるのを、「よい子に読み聞かせ隊」全員で心からお待ちしています。
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記
【琴と十七弦と尺八の演奏で読み聞かせ】

絵本 読み聞かせ ポプラワールド 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.