ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No86 第116回ポプラワールド
 
ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

日付
2014年9月17日(水)
会場
ポプラワールド
著者
志茂田景樹 隊長

 
 

 ポプラワールドの特徴の1つは、毎回ではありませんが、かなりの頻度で新しい出演者が登場することです。ゲストというかたちで出演して貰っていますが、再登場、再々登場される方が多いです。今回はともに若手俊英のバイオリニスト 桜井雅彦さんと、ピアニスト ノブ遠山さんの登場です。ソロ、二重奏と臨機応変に弾いてくれて、トトロシリーズなど、小さな子供も聴き入る曲が多かったので、お母さんともども大いに楽しんで貰うことができました。ノブ遠山さんは即興で伴奏をつけ、情景にふさわしい擬音を奏でるという特技の持ち主で、高野節子さんの紙芝居「おむすびころりん」では、おむすびが転がるときの擬音にユーモアな味わいと、迫力を感じました。


ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

 僕の大型絵本「おばけのてんぷら」のときも、お化けが油のなかに落ちそうになる場面で素敵な擬音が飛びだし、よい子たちの歓声があがりました。
 桜井さん、ノブさん、ぜひ再登場してくださいね。


ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

ポプラワールド日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.