ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No83 第113回ポプラワールド
 
ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

日付
2014年5月21日(水)
会場
ポプラワールド
著者
志茂田景樹隊長

 
 

 ポプラワールドにこられる人は、3歳時未満の子を連れたお母さんが圧倒的に多いのですが、お1人で参加の大人の方も必ず1,2人、ときには数人現れます。小さな子どもたちの元気な姿を見るだけでも心が洗われる心地になるのかもしれません。出演者も童心に還って楽しんでいます。ソプラノ歌手の五月女淳子さんは、顔も体も心もおおらかな方ですが、遊びの歌を教え、合唱の指揮をするときは全身が童心のかたまりのようになります。


ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

 座って聞いているランドセルのお母さんがいますが、このとき、ランドセルの中身は夢と童心に変わっているのかもしれません。ポプラ社の社員でもある〈お話のオバちゃん〉 堀玲子さんは絵本の読み聞かせスタイルがまるで童心が飛び跳ねているように活発で変化に飛んでいます。


ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

 今回のサプライズは桐朋学園芸術短期大学の社会人学生による「夕鶴」でした。物語の流れがあまり掴めなくても幼い子どもたちは出演者の熱演に目を点にしていました。


ポプラワールド日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.