ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No77 第100回ポプラワールド
 
ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

日付
2013年3月20日(水)
会場
ポプラワールド
著者
志茂田 景樹 隊長

 
 

  鈴木福くんが大好きと言ってくれている「ぞうのこどもがみたゆめ」をやはり100回記念ではやらずばなるまい
「よい子に読み聞かせ隊」の、
イベント回数は1600回に刻々と迫っている、
多分、
夏までには突破する、
この内、
唯一常設会場での読み聞かせイベントが、
「よい子に読み聞かせ隊・ポプラワールド」、
文芸出版社ポプラ社の後援を仰ぎ、
そのホールを無償で提供していただいて、
毎月第3水曜日14時から90分程度、
開催している、
3月は20日の祭日が開催日、
盛りだくさんの演し物を予定している、
僕はやはりイベントでもっとも数多く語っている、
「ぞうのこどもがみたゆめ」をやろう、


ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

  これは福くんが初めて聞いた、
僕の読み聞かせの物語りでもある、
福くんのお母さんが琴の演奏を挿入してくれた、
当時、
1歳前後の福くんは、
お母さんの背中に負われて聞いた、
気持ちよくなって、
途中で眠りだした、
琴を弾くため、
やや前屈みになったお母さんと逆に、
福くんは後ろへのけぞって寝ていた、
物語りを語りながら、
横目で見ると、
お母さんと福くんは、
V字形を描いていた、
福くん、
大きくなったなあ、
3つ4つの頃は、
仲良しになったお客さんの子どもたちと、
会場を走り回っていた、
歌も歌い、
スピーチもしてくれ、
会場を笑いで包んだ、
才能だなあ、
と思ったもの。


ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

ポプラワールド日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.