ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No73 第93回ポプラワールド
 
ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

日付
2012年7月18日(水)
会場
ポプラワールド
著者
志茂田 景樹 隊長

 
 

猛暑にもかかわらずベビーカーが陸続と続いて会場へ入ってきました。
親子あわせ100人を超える参加者になり、出演者も大いに張り切っての開演になりました。0歳児も7,8人おり、瞳をキラキラさせていました。0歳児はしばらくすると、スヤスヤ眠りだします。

ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

10年以上も前のことです。
東京下町の保育園に呼ばれて読み聞かせを行いました。0歳時の保育もやっているところで、6,7人の0歳児も保育士さんの膝に乗って参加しました。読み聞かせが始まると、相次いで全員が眠りだしました。終わってから一人の保育士さんが0歳児を抱いて僕に近づいてきました。
「不思議なんですよ。この子、ぐずってぐずってどうしようもなかったんですが、読み聞かせが始まると、ぴたっとぐずるのをやめて隊長とフルートの方の顔を見比べて聴き入っていました。気がつくとスヤスヤ寝入っていました。読み聞かせが終わるとパチっと目を開けたんです」
こういうケースに、その後、度々お目にかかり、読み聞かせが始まって会場に生まれた心地よい雰囲気に安心して眠るのだと理解するようになりました。心地よい雰囲気は語り手と聞き手が一体になって物語世界に入ることで醸しだされます。

ポプラ ワールド ポプラ社 読み聞かせ 日記

第93回参加の0歳児の寝顔に一瞬、読み聞かせの原点に立ち戻り、大きくうなずかされました。8月はお休みで、第94回は9月19日になります。
みなさん、元気にお集まりください。

ポプラワールド日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.