ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No61 第81回ポプラワールド
 
ポプラワールド

日付
2011年6月15日(水)
会場
ポプラワールド
著者

志茂田 景樹 隊長


ポプラワールド
山路さん            五月女さん            中原さん

 
 
  第81回「よい子に読み聞かせ隊・ポプラワールド」寸描

6月15日はジメッと空気が澱んでうっとうしい日でした。そのうっとうしさを拭うように、アコーディオンを抱えて山路麻子さんが登場、陽気に弾きながら歩く山路さんのあとを子供たちも金魚の糞になってくっいてあるきました。椅子に掛けて弾いても山路さんのインパクトは変わりませんでした。
重さ13キロのアコーディオンを駆使して「ポプラワールド」に心強い援軍として初登場。大いに期待です!
五月女淳子さんは尾瀬散策のようなファッションで、歌声も夏バージョンでした。
今回2回目の反田妙子さんは声に伸びが出て感情も豊かに読まれました。
中原由利さんの持ち味は鈴の音のような声と、怖い場面もとてもかわいらしく読むので逆に飛び込んでいきたくなります。
反田さんと同じく今日が2度目の久和鏡子さんは小学校でボランティアを始めたそうです。柔らかい語り口に磨きがかかりそうです。
高野節子さんはこの日も迫力満点、その一喝で絵の中の悪者たちがリアル世界へ弾きだされてきました。
僕はここでは大型絵本。隠れ動物探し絵本に、子供たちはことのほか興味を募らせますね。
ピアノのみのもとみこさん、また被災地へ行かれるそうですね。元気を届けてきてください。
こっちのよい子のみなさん、おなかをこわさないようにね。また来月お会いしましょう。


ポプラワールド
久和さん             高野さん
ポプラワールド日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.