ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No26 第42回ポプラワールド
 

日付 2007年11月21日(水)

旅先 東京都 新宿区 ポプラ社

著者 志茂田景樹(隊長)
ポプラ社 読み聞かせ
【ポプラ社 読み聞かせ】
  総合文芸出版のポプラ社さんがホールを提供していただいて続いている[よい子に読み聞かせ隊ポプラワールド]も、今日で42回を数えました。ポプラ社さんの強力なご支援とメンバーの熱意が継続の原動力になっています。今日も時間前に、お子さんを連れてお母さん方が続々ご入来です。
オープニングのピアノをひいたあと、子どもたちに歌唱指導。二期会ピアニストを経て、トークをまじえたコンサートで内外を問わず活躍中のみのもさん。来月は、シカゴでコンサートです。
ソプラノ歌手のサオトメさん。コンサート活動が多忙の実力派です。
メンバーはステージに上がらずその前でやっています。ガラアキのステージでは、小さな小さなよい子が、ほらっ、浮かれて踊り出します。
物語や、音楽の世界に入り込んで、我が子を忘れることもあるのでは…。でも、心配ご無用、僕が子どもの動静をたえず見守っていますから。
絵本は[こぶたのこもり]です。声が綺麗で、ファンタジーの世界に誘う抑揚に富んでいます。
フルートはお馴染のサワダユカさん。ピアノはイシダケイコさん。ともに音大在学中からのメンバーです。コンサート活動で、たいへん多忙です。若手が忙しくなっても、こうして駆けつけてくれます。[よい子に読み聞かせ隊]が存続できるのは、来てくれる人たちと感動を分かち合いたいというメンバーの願いの賜でしょうね。
フルートとピアノの調べに魅せられて、よい子たちが勝手にステージに上がり、無我の舞[?]を舞いはじめました。ハメルーンの笛吹きとピアノ弾き???
筝曲の川村一門は、親子参加のコンサートを熱心に催しています。子どもの情操教育に、邦楽は向いていますね。この日は、琴の二重奏で親子を魅了してくれました。
ステージに腰かけた子どもも紡ぎだされた世界に入り込んでいます。
ポプラ社 読み聞かせ
【ポプラ社 読み聞かせ】
ポプラ社 読み聞かせ
【ポプラ社 読み聞かせ】
絵本 読み聞かせ ポプラワールド 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.