ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No17 第30回ポプラワールド
 

日付 2006年11月15日(水)

旅先 新宿区ポプラ社

著者 マネージャー 下田光子
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記
 もうじきクリスマスです。皆さんお元気ですか。
  さて、皆さんに支えていただき、ポプラワールドはなんと30回をむかえました。月一回ですから二年半ということになります。
  毎日多ぜいのよい子達、お母さんお父さん、また、おばあちゃんや先生方が来てくださることもあり、楽しい時間を一緒に作り上げてきました。スタッフ一同心から感謝します。
  ボランティアで続けてきましたが、皆さんの笑顔が私達の支えです。初心を忘れずにこれからも続けていきますので、皆さんよろしくお願いします。
  最近では、新宿区の子育てサポートの方から口コミで広がったり、ホームページで知った方々が来てくださるようになりました。0才〜三才の小さい子供達も増えています。お母さん方も若いですね。
  保育園の園外保育でやって来る子供達もいます。皆さんお友達にお知らせしてくださいね。読み聞かせの輪がもっともっと広がっていくことが私達の願いです。
  志茂田隊長が初めに志したのは、子育て中のお母さんが読み聞かせの大切さや楽しさに気づいて、我が子に絵本を読んでやることで優しい心が子供達の中に育っていくことでした。
  お母さんの愛情をいっぱい受けて育った子は、心優しく、また強い子になるでしょう。自殺や犯罪やいじめのない日本になってほしいですよね。
  自分に優しく人にも優しく、社会に貢献できる大人になってほしい、それが私達の願いです。ボランティアスタッフもヴァイオリン・ピアノ・お琴・歌・お土産づくり、役割はいろいろですが、皆さんが喜んでくださることで、私達もうれしくなり、元気が出てきます。
  ポプラ社さんのホールもリニューアルされて、すてきな空間になりました。お友達を誘って次回もまたいらしてくださいね。
  スタッフ一同心よりお待ちしています。
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記
絵本 読み聞かせ ポプラワールド 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.