ポプラ ワールド日記|ポプラ社-読み聞かせ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。
絵本 読み聞かせ旅日記 No14 第25回ポプラワールド
 

日付 2006年6月21日(水)

旅先 「第25回ポプラワールド」

著者 初参加 福井千代子さん
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記

今から二年前、志茂田景樹先生の想いが込められた『よい子に読み聞かせ隊ポプラワールド』が始まることを、奥様の下田光子さんから教えていただいた私は、「いつの日かポプラワールドを訪れたい」と、ポプラワールドへの想いを温めてまいりました。その願いが、第25回目のポプラワールドで、叶えられたのです。
「ぼくらはみんな生きている――」と歌うみんなの歌声で始まったポプラワールドのオープニング、その和やかな楽しい雰囲気と暖かさに、私は、胸が熱くなりました。
  子どもも大人も、思わず身を乗り出して物語の世界にひき込まれてしまうほど、心のこもった読み聞かせ。子どもたちは、自然に読み聞かせをする方のまわりに集まります。
  ピアノやバイオリンやギターの素晴らしい演奏によるコンサート。その美しい音色に心が震えます。子どもたちは、リズムにのって踊ります。かつて子どもであった私たち大人も、心が弾み、踊ります。
  ポプラワールドでは、「静かにしているのよ、動いてはだめよ」などとは、決して言わないのです。ポプラワールドでは、感じるままにのびのびと自由でよいのです。ポプラワールドでは、子どもも大人も、自由で喜びと幸せに満ちてキラキラと輝くのです。
  特に乳幼児期に「思いやりに満ちた暖かな環境の中で、手や足をのびのびと自由に動かすことができること」によって、子どもの心と脳と体が、健やかに豊かに発達成長することを思う時、志茂田先生がこのポプラワールドに込められた、子どもたちへの深い深い愛と地球の未来への願いが、おわかりになることでしょう。
「お母様方へのプレゼントです」との言葉とともに、声楽家の方の感動的な「アメージング・グレース」を聴かせていただいた時、私は母であることの幸せを感じました。子どもたちや私たち母親だけではなく、訪れるすべての人を暖かく包み込んでくれるポプラワールド、やさしさと思いやりに満ちたポプラワールド、喜びと感動を与えてくれるポプラワールド、楽しくて暖かなポプラワールド……。
  世界中がポプラワールドであったなら!
ポプラワールド 読み聞かせ旅日記


絵本 読み聞かせ ポプラワールド 日記 KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 
 

ポプラワールド日記・メニューに戻る
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.