【「キモイ」「消えろ」 前に自分が書いたこと。今は自分が書かれてる。】 これにはガッツリ啓発された!!!

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.381 2015年9月20日 掲載分

 

【「キモイ」 「消えろ」 前に自分が書いたこと。
今は自分が書かれてる。】
これにはガッツリ啓発された!!!

法務省は全国の地方公共団体が昨年度に作成した人権啓発資料の中から、
法務大臣表彰として、ポスター、出版物、新聞広告、映像作品の4部門ごとに
優秀賞を各1点、全部門の中から最優秀賞1点を選んだ。
啓発力に富んだ作品が目についた。
最優秀賞は北九州市が出版した「人権教育教材集 新板 いのち」3点だったが、
内容は読まないと解らない。
ポスター部門の優秀賞は愛知県が作成したもので、
夕景の通りの脇で女子高生らしき10代の子がスマホの画面を見て、
やられた、といった表情をしている。
白抜きの中に、
「キモイ」「消えろ」
前に自分が書いたこと。
今は自分が書かれてる。
とある。
新聞広告部門の香川県が制作した優秀賞もいい。
スペースの左3分の1ほどを占めて少年の顔が描かれている。
どうしようもない辛さにあふれた眼差しに虚を突かれる。
やり場のない弱々しい悲しみに沈んだ表情に、
こっちが罪悪感にとらわれる。
コピーが効いている。
「虐待」を告発できる子は、
まれです。
地方のほうがセンスの表現に優れているのではないか。
廃棄処分?とあえていいたいが、
その憂き目にあった五輪エンブレム作品を見ても、
パクリかどうかは知らないが、かっこをつけてるだけのような気がする。
審査も権威主義に寄りかかってる。
だから、本当にうならせる作品が上がってこない。
地方の初心と清新なイメージ力は頼もしい。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.