本は話題で売れるのではない、内容がいいから話題になり更に売れて更に大きな話題になる。

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.374 2015年7月24日 掲載分

 

本は話題で売れるのではない、内容がいいから話題になり更に売れて更に大きな話題になる。

「火花」は面白い、内容がいいという話はいろんなところで聞いた。
いい気配が生まれて売れ、新たに読んだ人が面白いと言って、
さらに読みたい人を増やした。
著者がお笑い芸人だったことはたまたまで、
内容がいいから更にそのことが話題になった。
だから、三島由紀夫賞の候補にもなった。
芥川賞を受賞せずとも今年度のミリオンセラーは確実視されていた。
芥川賞受賞前で64万部が発行済みになっている。
この頃には僕も読みたい本として念頭に置いていた。
受賞翌日に40万部の重版が決まり、
その4日後に更に16万部の重版が決まった。
累計124万部。
年内に200万部を窺う勢いである。
受賞後重版の本が店頭に並ぶのを待ちきれず、
僕は友人に頼み千葉の三省堂で購入してもらった。
友人の話では10冊ぐらい平積みになっていたという。
まだ30ページほどしか読んでいないが、
小説らしい文章で素直に引き込んでいく力がある。
内容がいい小説は途中までしか読んでいないのに、
なみなみならぬ力量を感じさせる。
作品が素晴らしいから読んだ人間が話題にして、
読まれて尚話題になり売れる。
大きな仕掛けや、内容に関係ない話題が先行した本は、
小説に限らずけしてミリオンセラーにはなり得ない。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.