絵本サイン会で僕を観察した5歳ぐらいの男の子の鋭い指摘に僕はビビった。

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.371 2015年7月4日 掲載分

 

絵本サイン会で僕を観察した5歳ぐらいの男の子の鋭い指摘に僕はビビった。

あるときの絵本のサイン会で、
5歳ぐらいの男の子が、
サイン用の机の端で頬杖を突いて、
僕の頭をじっと見だした、
そして、やおらこう言った、
「そんな頭をしているのは、
カワイイと言われたいからだろ」
えっ、と僕はその子を見て、
つかの間、言葉が出なかった、
図星だった。
その子が言ったカワイイには、
いろんな意味がある、
可愛い、かっこいい、きれい、似合ってる、
あるいはそれらをひっくるめた意味。
どれでも図星、
ひっくるめても図星だった。
「そのとおりだよ」
僕は大きくうなずいた、
その子がとても眩しく見えた、
直感力、素直さ、先入観のなさ、
差別観もなく、
想うがままの言葉を発する、
子どもが持っている珠玉のような、
感受性に学びながら、
大人は子供を育て、
伸ばしていければ、
素晴らしい、
ねばならぬ、という変な、
上から目線を排して。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.