引きこもりって楽しいの、と訊かれるから引きこもっているわけじゃないんだよ。

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.365 2015年5月25日 掲載分

 

引きこもりって楽しいの、
と訊かれるから引きこもっている
わけじゃないんだよ。


外へ出て話しかけられたい。
自分じゃ話しかけられないから、
そういう願望ってある。
でも、何て答えようか、
って考えると、
面倒くさいなあ、になる。
この近くにコンビニありますか、
って訊かれれば、
すぐ答えると思う。
こんな人と恋をしたいなあ、
というような、
そんな人に、
つきあつて下さい、
なんて話しかけられたら、
何にも答えられなくって、
ブルブル体を震わしちゃう、
嬉しくて歓喜して舞い上がってね。
その人は驚いて離れていく。
ああ、だから、話しかけられると、
面倒・鬱陶しい・怖い。
不思議だ。
親は部屋にこもってると安心するの。
もう普通に学校に行ってくれ、
ってのがホンネなのにね。
部屋にいると安心できる、
と僕が思っているとでも、
思い込んでいるのかなあ。
部屋の半分は闇だもの。
ドアのあるこっち半分は明るい。
そのこっち半分が、
ときにトワイライト・ゾーンになる。
すると、向こうの闇の中へ入ってみたい、
という願望が起きる。
おいでおいでって言ってるの。
でも、行けない。
行ったら戻ってこられなくなりそうで、
勇気なくってただ怖い。
勇気出して行ってみて闇を突き抜けたら、
引きこもる前に僕がいた世界だった、
なんて恐ろしすぎるよ。
こういう状況でもね、
こうして部屋にいて安心されても、
って親に反発感じて、
そっと外出したことがある。
公園の方から、
野球やってる子どもたちの声が届いた。
小学校のときリトルリーグにいてね、
引っ張る強打者だった。
何か懐かしくて、
みんな留守していたから抜けだして見にいった。
ただの練習をやってただけだけど、
木の陰から見ていたの。
球が転がってきて、
それを追って外野手が追ってきて、
あっヤバイと思って逃げようとしたら、
捕ってよ、って言われて、
反射的に体が前へ出て、
捕ってやった。
少し前向きになってきたのかなあ。
いいような嫌なような。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.