日本にもイルカを助ける地域があるのに、なぜイルカを殺す地域があるの、と訝る正義感旺盛な12歳のための詩

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.360 2015年4月11日 掲載分

 

日本にもイルカを助ける地域があるのに、
なぜイル
を殺す地域があるの、
と訝る正義感旺盛な12歳のための詩


茨城県の鉾田市の海岸で、
150頭ものイルカが打ち上げられたってね、
地元の人が懸命に救助を行って海へ帰した、
でも、また打ち上げられて、
息絶えたイルカも多かったらしい、
きみはそのニュースを見て、
感動したんだろう、
そして、同じ日本の違う地域ではイルカを大量に捕獲し、
処分したり食べるところがある、
って知っていたんだね、
人によく慣れ難しい芸を見せてくれる、
かわいいイルカをなぜ、
って義憤にかられたんだ、
捨てる神あれば拾う神あり、
ということわざを知ってるかな、
神を地域に置きかえれば、
イルカを捨てる、つまり処分する地域もあれば、
イルカを拾う、つまり救出する地域もある、
ということなんだ、
鹿島灘という外海に面している沿岸の人々は、
イルカとあまり利害関係がない、
浜に打ち上げられれば、
情として助けてやりたくなるよね、
でも、この日本の海辺には、
イルカと深い利害関係があるところは、
いっぱいあるんだ、
湾とか、入江にある漁港を拠点に、
内海漁や、
沿岸漁業で暮らしている漁師さんが多い地域がそうだ、
この地域の漁師さん達は、
アジ、イワシ、サンマなどを獲って暮らしている、
それはイルカにとっても大好物なのだよ、
イルカが群れて湾に入ってくれば、
小さな湾では漁獲が大幅に減る、
それで漁師さんは総出でイルカ漁を行う、
浜へ引き上げてからとどめを刺す、
早く楽にしてやるということだ、
そんなところを、
過激な捕鯨反対組織のシーシェパードに撮られて、
騒ぎになったこともあった、
僕は伊豆の海辺に生まれた、
同じ地域の湾に古くからの漁港があって、
ムロアジ漁が盛んだった、
イルカの群れが湾に入ってくると、
すぐにイルカ漁を始めた、
浜に引き揚げて撲殺するんだ、
初めて見たら、やめろ、と叫びたくなるよ、
この地域ではイルカは害獣であると同時に、
貧しい時代の漁師さんにとっては、
良質のたんぱく源だったんだよ、
僕も冬場は干し肉にしたものを、
網に載せてあぶって食べたものだ、
酒の肴には味わい深かった、
ところで、きみに訊こうか、
肉料理では何が好きかな、
そうか、鶏の唐揚げか、
ヒヨコをかわいいと思うかい、
とてもかわいいか、
幼稚園のとき、
ヒヨコを飼ったことがあって、
いつも掌に乗せていたって、
唐揚げをヒヨコと思ったことはないだろう、
好きな食べ物なんだよね、
でも、食べ物だ、
でも、いのちだよ、
人間は他の生物のいのちをいただいて、
生きているんだ、生かされているんだよ、
いつもそのことを忘れずにね、
食事のときは、いただきます、って言おうね。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.