新人研修中の身で間もなく新社会人になるというのに、自分はどこへ行くのだろう、と人生に少し懐疑的になっている人のための詩、

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.355 2015年3月8日 掲載分

 

新人研修中の身で
間もなく新社会人になるというのに、
自分はどこへ行くのだろう、
と人生に少し懐疑的になっている人のための詩


身を削っての就活戦線を抜け出して、
早くに内定を決めたよね、
しかも、
第1志望とした会社は2次面接で落ちたが、
第2のところにすんなり決まったんだから、
羨ましがられ、
余裕も生まれてカナダへ1人旅もしてきた、
内定した会社の現地の工場も飛びこみで訪れ、
見学してきた、
っていうじゃないか、
それを知って本社の幹部は、
いい人材がきてくれた、
とご満悦だったらしいね、
年が明けてしばらくして勇躍、
新人研修に参加したのに、
しばらくは張り切っていたのに、
何だか燃えることができない自分がいるって、
モチベーションが低下してきた自分が疎ましいって、
これでよかったのだろうか、
こんなユルイ職場でいいのだろうか、
などと考えているうちに、
自分の人生に疑問を抱き始めた、
ということだね、
自分はどこへ行くのだろうか、
ってこのところよく考える、
なるほど、
それはちょっと心配だなあ、
去年のことだけど、
何人かの新社会人が、
大体同じようなことを言って相談にきたよ、
ただ時期は、
新社会人になって2,3か月経った頃だった、
この時期になると、
胸を膨らませて期待していたことと、
現実とのギャップが明らかになってくる、
学生のときの価値観と体験が、
職場では殆ど通用しないってことが、
はっきりしてくる時期なんだよ、
ゼロから覚えていく仕事って、
えっ、こんなに詰らないもの、
ワクワクできないじゃないかって、
新人がワクワクとりかかれて、
胸がすくようにこなしていける、
そんな仕事があるわけないの、
あっても誰がやれって言ってくれる、
普通はそこで職場の価値観、
つまり実社会の常識、
通念と折りあう、
でも、
期待が大きかった理想派的タイプは、
衝突しちゃうんだね、
ストレスをためて、
心身のリズムを崩し、
こんなはずじゃなかった、
ここは自分の居場所じゃない、
言い訳しながら、
自信を喪失してしまう、
その3人のうちの1人はね、
資質と性格からして、
まったく合わない職場にきてしまい、
ウツ状態だった、
満1年勤めてから辞めて、
自分に合う仕事を探すようアドバイスした、
1年は耐えないとね、
自分に合わないところだったので辞めた、
という理由が通用しないの、
後の2人にはね、
現実はこんなもんだよ、
スタートは期待外れでいいんだよ、
会社が求めることをやりながら、
自分の工夫を加えていくことで、
会社からも認められ、
いずれ大事な仕事を任され、
ワクワクと理想に挑む展開になるよ、
と言ったんだ、
貴方の場合はね、
順調過ぎてまだ新人研修中に、
知らない価値観の壁に突き当たってしまったんだ、
人はどこからきてどこに行くのか、
なんてことを言うやつもいる、
受け売りなんだけどね、
今ここにいるんだから、
どこからこようが関係ないだろ、
自分はどこへ行くのか、
なんて風任せの雲のつぶやきじゃないか、
今いる自分の持ち場でしっかりやる、
すると、ちゃんと道筋が生まれる、
会社はそういうところなんだよ、
さあ気持ちを切り替えて、
爽やかに新社会人になろうじゃないか。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.