街の本屋さんで立ち読みできた昔が…あれっ、コンビニで立ち読みできた昔が、か、

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.354 2015年2月27日 掲載分

 

街の本屋さんで立ち読みできた昔が…
あれっ、コンビニで立ち読みできた昔が、か


どこの街でもあったよね、
中高年夫婦だけでやっていた本屋さん、
おばさんは、
1時間ぐらいの立ち読みを黙認してくれたけど、
メガネをかけたおじさんは、
10分も経つと、
すぐにハタキをかけてきた、
すぐにやめないと、
パタパタ肩にかけてきた、
その頃、
発刊されたばかりの少年という雑誌を、
毎月買っていた、
連載されていた鉄腕アトムが目当てだった、
発売日にすぐ本屋さんに飛んでったけど、
すぐには買わない、
少年クラブ、冒険王、おもしろブック、
など少年雑誌がいっぱいあって、
立ち読みで読んでる連載ものがいっぱいあった、
それをみんな読み切る、
このときばかりは、
メガネの因業なおじさんもハタキをかけにこなかった、
少年を買うことを知っていたから、
あるとき、
おじさんが妙な猫なで声で、
「坊や、毎月買ってくれるんだから配達してやろうか。
学校から戻るともうお家にあるよ」
と、言った、
「いやだっ!」
はっきり拒んだ、
その手は食わないよ、
立ち読み防止策だもの、
昔のコンビニ、
雑誌売場は道路に面したガラス壁際にあって、
いつも中高生も含む若い人が、
横一線で立ち読みしていた、、
あれ見ると、雑誌買わない人も、
入っていって何か買ったんだよね、
つまり、撒き餌効果、
ボロボロになった雑誌は、
返品できるし、
コンビニにとっていいこと尽くめだった、
それも今は昔、
ちらほら立ち読みしているのは、
中年の男性ばかり、
中高生や、20代の人が読みたい雑誌は、
ゴムバンドや、
紐掛けで広げられなくなってしまった、
コンビニは立ち読み客という、
願ってもない撒き餌を放逐して、
自分の首を自分で締めだしたのだろうか、
コンビニの斜陽化に繋がらないことを祈りたいが、
かっての街の本屋さんが、
気がついたら消えていたように、
新しい業態に取って代わられる、
前兆とも考えられる。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.